読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(自称)プログラマーが何かをする

Androidアプリ製作、アプリ紹介、趣味のゲームなどについて書くブログ

(自称)プログラマーが何かをする

Androidアプリ開発、ゲーム、ITハウツーなどについて記述

下の文字は記事のカテゴリです。クリックするとカテゴリの記事に飛びます。



天才の勉強方法を教えます。

その他 読書感想

私は凡人だ。

いや、凡人以下かも。

地頭が良くないのは自覚してる。

凡人の私は天才に憧れてる。

今回は正真正銘の天才少年を紹介する。

f:id:nekomankun:20160529070633j:plain

この本に写る少年をご存知だろうか?

彼の名は大川翔さん。

14歳の時にカナダのトップ大学に入学した天才だ

カナダではギフテッド教育があって、優秀な子は年齢より上の学年に上がってく。

彼も超優秀なギフテッド少年

ギフテッドを訳すと天才児。

贈り物を意味するギフトが語源。

どうしてそんなに頭が良いのか?

それは

幼い時から彼の両親があらゆる手段で彼の脳を鍛えているから。

具体的には

・とにかく話しかける。これを0歳のときから始める。

・楽器を弾かせる.彼はピアノをしてた。

・本を読み聞かせる

・武道で身体だけでなく、精神を鍛える

などをしている。

教育というのは赤ちゃんが生まれた時から始まっているのだ。

どうやって勉強してるの?

この本は勉強方法についても記述されてる。

彼自身は

・音楽で気合をいれる

・臍下丹田呼吸法で気合を入れる。

丹田呼吸方法は空手の呼吸法である)

・先人たちの格言、名言で気合を入れる。

・行き詰ったら、歩いて気分転換。

などを述べてる。

他にも沢山あるが書いてる事は結構普通だった。

それだけ当たり前が一番難しいという事だろう。

やっぱり知能は遺伝!?

 知能って遺伝?それとも努力?

その答えは分からない。

ただ、彼の母親は外資系企業に勤務後、司法試験に合格。

そして弁護士になったという経歴の持ち主。

何だよ!やっぱり遺伝じゃん!

と凡人の私は嫉妬するのであった。

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

新品価格
¥1,404から
(2016/5/29 07:52時点)