(自称)プログラマーが何かをする

Androidアプリ製作、アプリ紹介、趣味のゲームなどについて書くブログ

(自称)プログラマーが何かをする

Androidアプリ開発、ゲーム、ITハウツーなどについて記述

下の文字は記事のカテゴリです。クリックするとカテゴリの記事に飛びます。



VRは社会に普及するのか!?一般人が勝手に考察してみる。

テレビ、新聞、ネットでよく見る単語。

それは「VR」。バーチャルリアリティの略。漢字で書くと仮想現実。簡単にいうと、コンピューターによって作られた仮想世界を人間に体感させる技術の総称。VRを体験するには特定のガジェットが必要となる。

f:id:nekomankun:20170625084316j:plain

しかし、これが結構高額。手軽に手を出せる物ではない。もちろん、VRの中にも安いやつはある。ただ、過剰な期待は禁物だ。

自分のスマホをディスプレイとして、使うVR

ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plus/7/7Plusサイズ対応)

新品価格
¥1,296から
(2017/6/25 07:26時点)

しかし、値段が安いだけに没入感、リアリティはいまいちなのだ。私が求めるVRはこれではない。リアリティ、没入感が半端なく高いVR、それが私が求めるものなのだ。

例えば、ソニーのVR「PSVR

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

新品価格
¥63,950から
(2017/6/25 07:34時点)

リアリティ、没入感は凄いが、お値段も凄いVR。さらにPSVRで遊ぶにはPS4も必要なので実質10万円以上はする。これはいくらなんでも高すぎる。この値段の高さがVR普及のネックになっていることは間違いない。

他にも、PCに接続して使えるOculus Riftなどがある。ただし、それなりに高スペックのPCを所持してる必要がある。

Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]

新品価格
¥71,300から
(2017/6/25 07:39時点)

具体的に求められるスペック

f:id:nekomankun:20170625075126p:plain

高スペックのPCを用意するのにも、お金がいる。どちらにしろ、VRを堪能するのは一筋縄ではいかない。

では、VRを普及するにはどうすればいいか?

お手頃な価格で売り出せるようにすればいい。しかし今すぐ、それを実行に移すのは難しい。一般家庭でも気軽に購入できるようになるには時間が掛かるだろう。ネックの値段さえ、解決できれば普及することは間違いないと私は思っている。

まとめ

ご家庭でも気軽に購入できる値段まで、下げることが出来たら普及は間違いなし!

関連記事