読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(自称)プログラマーが何かをする

Androidアプリ製作、アプリ紹介、趣味のゲームなどについて書くブログ

(自称)プログラマーが何かをする

Androidアプリ開発、ゲーム、ITハウツーなどについて記述

下の文字は記事のカテゴリです。クリックするとカテゴリの記事に飛びます。



ホリエモンの著書「本音で生きる」を読んでも、本音で生きられるわけじゃない

読書感想

ホリエモンの著書

f:id:nekomankun:20161118141031p:plain

「本音で生きる」を読み終えた。

なので、感想を書く。

どんな本?

簡潔に表すと

グダグダ言ってないで

自分がやりたい事をやろう!

という感じの本。

非常にホリエモンらしい本。

ただ、説教するだけでなく

その為にどうすればいいか?

なども書いてある。

自分がやりたい事ができない!

という人は読むと良いかも。

ただし、これを読めば、本音で生きられる!

というわけではない。

本音で生きてる人は

これを読まなくても、本音で生きられるだろう。

僕が思う生き方

生き方。

人によってそれは違う。

堀江みたいに本音で生きる人。

本音を言わずに生きる人。

非常に沢山の生き方がある。

生き方について学ぶのは良い事だ。

ただ、学んだ事を鵜呑みにするの駄目。

よーく考えて、判断すべき。

誰もが望み通りの生き方を出来るわけではない。

皆、それぞれ生まれ持った物が違うのだから。

やっぱ、堀江凄い!

この本を読んで感じた事は

ホリエモンって

凄い情熱溢れる人だなって事。

やりたい事を一直線に進む。

凄いと思うし、羨ましく感じる。

一方で色々しくじってるわけだが。

大人の合理的な部分

子供の純粋無垢な部分

が混じった人間。

それが堀江貴文

今後、彼がどういった道を歩むのか

非常に楽しみである。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

新品価格
¥499から
(2016/11/18 14:52時点)

関連記事